最近よく聞くようになったインプラント。

最近よく聞くようになったインプラント。
差し歯とはどう違うのか見てみましょう。
差し歯は文字通り、歯に差し込むものです。
つまり、天然の歯や歯根を利用して、そこに金属の土台を埋め込みます。
当然、歯が全く残っていない状態では、そもそも埋め込む先がないわけですから、使えないのです。
では、インプラントの場合はどうでしょうか。
インプラントは、金属製の歯根を顎の骨に埋め込んで癒着させ、そこに義歯を被せるという手順で施術が行われます。
差し歯と比べて高額なのは悩み所ですが、抜歯などで歯を失っている場合にも顎の骨に問題さえなければ利用できるのがインプラントの利点です。
いろいろな事情からインプラント治療を始めるでしょうが、治療費の高さは重要な問題ですね。
実際のところ、費用の総額は統一されておらず、歯科医院によって相当な開きがあります。
何しろ、ほとんどが自由診療なので、費用を自由に決められるのが建前です。
それでも、どの歯科医院でも同じような材料や薬剤を使っているので、相場がだいたい決まってきます。
インプラント一本を埋め込んだ場合、30万円から50万円くらいが相場です。
最近はインプラントを利用される方も多くなってきましたが、治療後に以前と比べて息のニオイが気になるという話も一部で見られます。
そうなる理由として、インプラントと隣の歯の間などに日々のケアで取りきれない食べカスが溜まってしまったり、天然の歯における歯周病と同様、インプラント周囲炎という炎症になっているという可能性もあるのです。
より深刻な事態を食い止めるためにも、すぐに歯医者さんに診てもらいましょう。
インプラント治療が難しいとされる最大の理由は、もしも、失敗したとき、全く同じ治療をやり直すことはまず不可能という点です。
他の入れ歯やブリッジ、クラウンといった義歯と違う点として、あごの骨にインプラントを定着させるので何らかの理由でインプラントと骨がなじまず、インプラントが定着しなければ再び手術を行って骨をさらに削って修復するという治療しかなくなります。
それに、埋入手術の際には周辺の神経を傷つけるリスクが常にあります。
他の歯科治療と同じように、インプラントにも失敗をゼロにすることはできません。
治療が失敗すると、人工歯根や上部体(義歯)の脱落、使用中の破損などの人工歯そのものに関わる失敗、患者の体調、アレルギーなどが原因で、手術したところが腫れる、痛むという身体的問題、さらにあごのラインや歯並びに変化が起きるという外見が損なわれる可能性もあります。
リスクをできるだけ減らすためには歯科医はともかく慎重に決めてください。
歯科治療のインプラントとブリッジ、どこが違うかといえば、インプラント治療は、あごの骨を掘って、人工歯根を埋め込んでその上に義歯をかぶせます。
ブリッジ治療とは、欠損した歯の両隣に残った歯を一回り削った後で、上にブリッジをかぶせていきます。
見た目の問題を考えるとインプラントとブリッジを比較して、インプラントの方が優位に立ちます。
また、ブリッジ治療は、健康な歯を犠牲にしなければならないという辛さもあるのです。
利点も多いインプラントですが、治療を受ける際に手術後に腫れてくるのではないかと心配する人もいるでしょう。
腫れについては、インプラント治療を担当する歯科医師の技術のほか、患者さん自身のコンディションにもよるので、誰にでも当てはまることではなく、結局は人それぞれで異なると言うしかありません。
担当医の指示通りに痛み止めを服用し、腫れたところを冷やせば治ることもありますが、腫れがなかなか引かないという時は、我慢せずすぐに歯医者さんに行きましょう。
厳しい条件をクリアしない限り、インプラント治療は保険適用になることはまずありません。
全額自己負担が普通ですが、しかし、医療費控除の対象ではあります。
確定申告の一項目として、医療費控除は医療費を収入から引くサービスを受けられます。
確定申告で忘れてはならないのは治療のたびにもらっている領収書がお金を払った証明になるのでなくしたらおしまいのものとして暦年の1年分、しっかり取っておきましょう。
どんな方にもインプラント治療が良い訳ではありません。
ブリッジや入れ歯など、他の治療が困難な患者さんが受ける治療です。
周りの歯との関係から、クラウンやブリッジは入れられない、義歯では力が入らない、噛み合わせが良くないなどの理由でインプラント治療を選ぶしかないという患者さんに適用されるのが普通です。
インプラントと入れ歯がどう違うかというと、インプラントは噛み心地は自分の歯に近く食べ応えがあるので、食事が確実に美味しくなります。
インプラントについて、ほとんどの歯科医には治療困難であり、専門の歯科医に頼るしかなければ、国外までも探しにいくというのもありえます。
北欧諸国はインプラント先進国といわれ、世界各国から集まった歯科医が、研修して技術を身につけています。
困難な条件に負けず、一生使える歯を求めるならそう簡単に断念せず、できるだけ幅広く情報収集することに努めましょう。